呉 鎮 守 府 の 開 庁

 明治16年(1883)2月12日から7月25日の間、西海鎮守府の候補地を求めて広島県から山口県にかけて沿岸の調査・測量が実施されました。
 この時の調査で安芸郡の呉浦が軍港としての最適地であることが実証され、それまでの平穏な村落が世界的軍港へと変貌を遂げていったのです。
明治17年(1884)、海軍用地の買収開始。
明治19年(1986)4月、海軍条例が制定され、全国の海面が五海区に分けられた。
明治19年(1886)5月4日、第二海軍区鎮守府の位置を安芸郡呉港に決定。
明治19年(1886)11月、工事開始。
明治22年(1889)7月1日、呉鎮守府開庁。同時に呉海兵団・呉海軍病院(現呉国立病院)なども業務開始。
明治23年(1890)4月21日、明治天皇の行幸を得て開庁式挙行。
  

   
 明治18年3月17日に 海軍卿から太政大臣に宛てた「西海鎭守府設置其ノ他ニ關スル件」では、呉港、あるいは江田湾が鎮守府の位置とされていますが、結果的には呉港が鎮守府の位置に決定し、江田島は我が国唯一の海軍兵学校の移転先とされました。
 その理由は、呉は守るに堅い安全無比の地勢であり、江田島は純朴な環境であったことにより教育に最適の地であったからなのです。
  

西海鎭守府設置其ノ他ニ關スル件」  原文を読む 

 そもそも、鎮守府の位置たる要件は、次の通りである。
港内は安全で数十艘の大小の艦船を停泊させることが可能であること。
港口は狭すぎずまた広すぎず、艦舶の航通が自在であること。
防御設備を設けることが容易な天険(山地など非常に険しい所)を有すること。
陸地には工場、船渠、倉庫、武庫、病院、兵営等を置く余地があること。
風土がよく、飲料水が十分であること。
背後には、防御に十分な険要(地勢が険しく敵を防ぐのに都合のよい地形)を有すること。
陸地の運輸が不便でなく、陸軍鎮台営所との交通連絡が可能なこと。(最重要)
 これらの要件は互いに相矛盾し、こちらを立てればあちらが立たず、鎮守府に適当な良港を探し求めるのは非常に困難である。

 しかし、安芸国安芸郡呉港は、鎮守府たる要件に数件適合した良港ではないかとの問題が一昨年来持ちあがり、昨年、樺山海軍大輔は陣礼海軍少将にその適否を検査させ、尚自分も現地に出張して取調べたところ、次の通り呉港は無上の良港であることが実証された。

音戸瀬戸と早瀬瀬戸で阻止せよ
港内は浅すぎず深すぎず、また港口は狭すぎず広すぎず、
海底質は錨(いかり)を降ろすに適し、
四方の島々や丘陵により風波の災なし。
航入航路の海峡は三ヶ所あるといっても、
音戸の瀬戸は極めて狭く、潮の干満の激流により容易に軍艦は通さず、わずかに数個の水雷を用れば航入の危険なし。
早瀬の瀬戸は船舶の交通に適しているものの、その航路はただ一艘を通すのみであり、また海峡は屈曲してニ三の小砲台と一連の水雷によって敵の艦隊を制するに十分である。
大屋の瀬戸は少し広いといえども、この海峡に航入する艦船は必ず通らなければならない奈佐美瀬戸と大野瀬戸はどちらも砲台、水雷の設置に適し、工事もまた容易である。
陸は、船渠、工場、兵営、病院等を設置するのに陸地運輸の便がよく、難事でない。
背後には防御線となるべき適当な丘陵あり。(灰ヶ峰と休山)
  以上のごとく、このような良港は他にあろうはずがない
安全無比の呉の地勢

 また、呉港西方の江田湾は港口五百ヤードとやや狭いが、港内はあたかも湖水のごとく安全であり、すこぶる良港でその形勢よし。
 ただし、内地と少し離れてはいるが、その距離はわずかであり、船舟の便があるため不便な所ではない。
 よって、呉港もしくは江田湾の中を鎮守府、造船所等設置の地とご決定されたものである
中町からみた津久茂の瀬戸と津久茂

中町からみた津久茂の瀬戸と津久茂

  
  
伊藤博文は、著書『秘書類纂』の中で次のように述べています。
  
  

伊藤博文著 『秘書類纂』  原文を読む 

鎮守府配置の理由および目的

伊藤博文

伊藤博文

 呉鎮守府はその海勢奥深く、佐賀関海峡だけ防御上の欠点が多いけれども、東西に紀淡海峡馬関海峡の天険を有し、尚、内海には幾多の島々に砲台建築の企図もあり、宮島、早瀬、音戸方面、その他必要な場所に水雷を布設すれば、その堅い守りはますます強固となり、仮に事ある日といえども容易に敵襲を受けるおそれはなく、実に安全無比の地であることによって、帝国海軍第一の製造所を設け、将来益々その規模を拡大し、兵器、艦船を造出し、またこれを利用して教育の一大源泉とするに最適の地である。
 ゆえに呉鎮守府はもっぱら製造の事を主とし、出兵準備はやや小規模でよく、また呉鎭守府の管区は海峡が多く航海練習には不便であるため、海兵団には常に補充員のみを置くことを要す。