特殊潜航艇「海竜」

特殊潜航艇「海竜」

 本艇は、昭和18年海軍中佐浅野卯一郎の着想によって、同20年4月量産発令と同時に官民多数の建造所で全力をあげて急造本土決戦に備えられた特攻武器です。
 終戦までには230隻が完成し、なお、多数建造中でしたが一度も使用されていません。
 魚雷2発を下部両側に装着発射することになっていますが、一部の艇は魚雷にかわり艇首に炸薬を装備することとし、自動車用機関により量産された前例のない有翼潜水艦であり、軽快に潜航浮上できたそうです。
特殊潜航艇「海竜」
  

要 目

排水量 19.30 トン 速 力 水上 7.5 ノット
全 長 17.28 m 水中 10.0 ノット
直 径 1.3 m 航続距離 水上 5ノット 450マイル
安全潜航深度 250 m 水中 3ノット 36マイル

兵 器

45爆魚雷2本 乗 員

2名

又は炸薬600キロ