戦艦「大和」主砲々弾

戦艦「大和」主砲々弾

 本弾丸は旧日本海軍当時91式徹甲弾と称し戦艦大和、武蔵の主砲用として使用されていたものである。
 当時においては世界にその比を見ない最大のものであり、おそらく将来もかかる大きな弾丸は見ることができないであろう。
 かかる大きな弾丸を発射しうる砲あり 遠距離に飛ばす火薬あり これを命中せしむる指揮装置あり 又この弾丸自体に装甲板を貫く形状と材質があるわけで、この一発の弾丸に旧海軍が到達した用兵技術の極致が示されている。
 大東亜戦争終了後、昭和22年6月倉橋島南方海面に投棄処分されたものを同32年3月海底より引き揚げ本社の所有するところとなった。
 往時の日本海軍の威容をしのび又将来の我国防衛の重要性を想う時、本弾丸は由緒ある江田島の地にあって海上自衛隊要員教育の重責を担う術科学校の為に、聊(いささ)かでも貢献することを祈念しここに寄贈したものである。
 昭和32年9月  神 津 幸 直
 

因に要目次のとおり

全 重 量 1,470 kg
全  長 1,950 mm さ く 薬 量 34 kg
装 薬 量 360 kg 最大射程 42,000 m
初  速 780 m/sec 搭 載 艦

大和 ・ 武蔵