駆逐艦「雪風」主錨

駆逐艦「雪風」主錨

 駆逐艦「雪風」は日本海軍の陽炎型駆逐艦18隻中の1隻で、昭和15年1月に佐世保海軍工廠で完成しました。
 太平洋戦争では戦史に残る主要な海戦にすべて参加し、沖縄特攻でも戦艦「大和」と共に行動し無傷で生還。
 戦後連合軍に接収。当時の中華民国海軍に引渡され、軍艦「丹陽」と改名後、同海軍の旗艦として活躍していましたが昭和44年台風で船底が破損したため解体されました。
 この錨は雪風の記念品として昭和46年10月22日、同国政府から雪風保存会に送られ、同会から海上自衛隊に寄贈されたものです。